秋田県立大曲農業高等学校の公式ウェブサイトです

校長挨拶

  • HOME »
  • 校長挨拶

校長挨拶

秋田県立大曲農業高等学校長 小林吉則

 

 「寝ていて人を起こすことなかれ」

 農聖と呼ばれた秋田県を代表する農業指導者、石川理紀之助(1845~1915)の言葉で、率先して行動せよという意味です。理紀之助は明治41年に本校を訪ね、直筆でこの言葉を残してくれました。これは、校訓の「実践躬行」に、さらには校歌にある「自彊(じきょう)やまざる意気をもて」につながる、我が校の教育の柱となる考え方を表しています。

本校は、明治26年秋田県尋常中学校(現秋田高校)に農業専修科を設置した時に始まり、今年度で創立127年目を迎える県内で2番目に長い歴史を持つ高校です。明治28年に秋田県簡易農学校として独立開校した後、幾多の校名変更を経て昭和23年に秋田県立大曲農業高等学校となりました。また、この年から定時制課程や分校を設置し、一時期は7つの分校を持つ大所帯となります。さらに昭和26年には、卒業生が高度な農学を学べるよう専攻科を設置しております。分校からは現在の六郷高校や西仙北高校が分離独立しました。
現在は少子化に伴い、本校(各学年5クラス、在籍502名)、太田分校(各学年1クラス、在籍48名)となっておりますが、こうした長い歴史の中で、多くの有為なる人材の育成がなされ、卒業生は県の内外で幅広い活躍を見せております。

平成28年に本校の校舎を改築、翌年には学科を再編し、生徒たちは新しい環境で、学業や部活動、農業クラブ活動などに取り組んでおります。また、創立72年目を迎える太田分校は、市役所・温泉と連携した「分校レストラン」など、多くのユニークな活動を実践しています。
昨年度の卒業生は、進学希望、就職希望ともに進路を100%達成させることができました。また部活動においては、自転車競技部、なぎなた部、相撲部、柔道部、陸上競技部のインターハイ・全国選抜大会への出場、吹奏楽部の全県大会での金賞受賞、生物工学部の世界湖沼会議での発表、郷土芸能部の地域貢献活動の取組など、多くの活躍が見られています。さらに、農業を学ぶ高校生が成果発表や協議などを通して交流する日本学校農業クラブという全国組織があり、昨年度はその全国大会鑑定競技と東北大会意見発表で優秀賞を獲得しました。このように生徒一人ひとりが明確な目標を持って、確かな成長を目指して意欲的に頑張っております。

今、本校は改革後の充実発展の時代に向かおうとしております。昨年度、文部科学省指定スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)の事業が終了しましたが、この取組で本校教育内容は飛躍的に向上しました。これから、全国に誇れる農業高校となり、学校目標である「郷土の元気をつくる人材の育成」のもと、次代を担う地域のリーダー人材の育成を目指していく所存であります。皆様方の温かい御支援と御協力を宜しくお願い申し上げます。

平成31年4月1日

 

PAGETOP
Copyright © 秋田県立大曲農業高等学校 All Rights Reserved.