2月1日(木)に1年食品科学科35名が学校設定科目「農と食」の視察研修に参加しました。SPH事業の中の組織的マネジメント学習の1つとして企画され、食品メーカーの衛生基準や商品開発の方法について学んだり、道の駅の冬期間中の商品構成について学んだりしました。今回の見学で生徒たちの「農と食」について興味関心が高まってくれることを期待しています。この科目は2年次に履修予定です。

見学場所
①ヤクルト岩手工場(岩手県北上市相去町大松沢1-45)
②道の駅十文字(横手市十文字町字海道下21-4)
③道の駅端縫いの郷(雄勝郡羽後町西馬音内字中野200)

ヤクルト岩手工場→衛生基準・商品開発についての研修 道の駅十文字→加工品製造や商品開発を学ぶ
道の駅端縫いの郷→冬期間の商品構成を学ぶ