4月11日、いよいよ今年度の応援歌練習が始まりました。一年生は緊張感が張り詰める中、頑張って大きな声で校歌を歌いました。応援団をはじめ上級生たちは、心を鬼にして一年生へ叱咤激励していました。

計4日間の応援歌練習を通して校歌と応援歌をしっかりと覚え、大農生としての自覚と誇りが芽生えていくことを期待しています。また、応援歌練習をきっかけにして、これまで以上に活発な挨拶が響き渡るようになって欲しいと思います。