2月12日に台湾 南かん高級中等学校との交流を行いました。仙北市との連携協定を結んでおり、仙北市が関わった海外との学校交流は2回目になります。南かん高級中等学校からは34名の生徒さんと5名の引率の先生方がいらっしゃいました。

午前中は本校の授業体験を行いました。食品加工・調理・折り紙体験など普段私たちが学んでいる知識や技術を伝えようと頑張りました。午後は、本校の部活動を体験しました。なぎなた部・郷土芸能部・生物工学部それぞれの特徴を生かして行いました。台湾語も分からない中での交流でしたが、簡単な英語やスマートフォンを駆使しながらコミュニケーションをとっていました。こうした体験を通して、お互いの文化を理解し、よりよい関係を構築していければと思いました。