12月11日(金)に本校大講堂にて(株)IMI 代表取締役タベルスキーマイケルさんの講演会を行いました。対象生徒は食品科学科2年生及び食品加工部、家庭部の生徒です。ものづくり(加工品などの製造や調理)を通して、マイケルさんが経験してきたこと、失敗から学んだことを生徒に話していただきました。また、午後には4名の生徒がポルミートの工場に伺い、ソーセージの製造体験をしてきました。ソーセージの製造は初めてで1つ1つの内容を新鮮に感じながら取り組むことができました。

<講演会での生徒の感想>
・マイケルさんの「お客様の笑顔を見ると頑張れる」という言葉が印象的でした。私は将来、人を笑顔にできる仕事に就きたいと考えているので、この言葉を大切にしていきたいです。

・人と比較をして自分自身凹んでしまうことがあるけれども、人と比較をすることは大切であることを実感した。自分は何ができて、何ができないかを再確認し、自分を見直すきっかけになるので、すごい人を見て「こうなりたい」とモチベーションを高められるようにしていきたい。

・一番印象に残ったのは「成功させるためには続けること」という言葉です。これは働いてからではなく、部活動にもつながってくると思います。意志を持っているだけでなく、行動に示し、成功させるために日々努力を積み重ねていきたいと思いました。